手作り化粧水で美容代を節約しよう

毎日のお肌のお手入れにかかせないものの一つにあげられるのが化粧水ですよね。けちけちせずにたっぷり使うのが美肌に良いと言われています。

しかし毎回コットンがひたひたになるくらいの量を使っていると、化粧水のボトル1本なんてあっという間に無くなってしまいます。そのため化粧水を頻繁に購入しなければならず、痛い出費になってはいませんか。そこで、化粧水と言う名の美容代を節約するために、手作り化粧水を作ってみるのはどうでしょうか。美容代を節約しながら美肌を手に入れることができるかもしれません。

化粧水を手作りするのは難しそうと思うかもしれませんが、意外と簡単にできてしまうのです。材料は精製水とグリセリンと尿素のたった3つです。どれもドラッグストアなどで簡単に購入できるものばかりなので、手軽にトライすることができます。

作り方は、まず化粧水を入れる容器をきれいに洗います。容器にエタノールを入れて数回上下に振ってから水できれいに洗い流しましょう。そのあとよく乾かすのもポイントです。あとは、用意した精製水100ml、グリセリン小さじ1杯、尿素小さじ1/2杯を容器に入れ、グリセリンが溶けるまでよくかき混ぜたら完成です。こんなに簡単な工程であっという間に作ることができるのです。

この手作り化粧水のよいところは、自分の肌の悩みに合わせてアレンジすることができるところです。例えば肌荒れが気になる場合でしたら、カモミールの精油を入れると効果的です。美白効果を追加したいならば、ビタミンCを入れるとよいでしょう。また、手作り化粧水なら、無くなってもすぐ作ることができるので非常に経済的です。一つ一つの材料も安く手に入れることができるものばかりなのがうれしいですね。

このように、手作り化粧水を使うことで、美容代を節約することができるのはもちろん、美肌まで手に入れることができるのです。化粧水は種類がたくさんあって自分に合う化粧水が分からないという人も、手作り化粧水でその悩みを解消することができるかもしれません。